か め証券コツコツ支店

社会人5年目。日常のことを徒然なるままに記したブログ。米国株やってます。

転職して1年経ちました

12月4日は、今の職場に配属となって1年が経ちました。

現在 某メーカーで技術職として働いている私ですが、医療機関→製造業という全く畑違いの転職なので、2018年は 仕事でもプライベートでも、マジで色々ありました。

昨年の今頃は 転職先での活躍に心躍らせていたのですが…

www.kamex0710.xyz

日頃からスマホアプリの家計簿で生活費を記録している私。特に今年は 仕事が原因で体調を崩しまくった結果、病院代だけでも 約 ¥50,000 飛んだことが発覚しました。

受診した診療科のレパートリーも バラエティに富んでおり、ざっと挙げると…内科皮膚科泌尿器科婦人科心療内科歯科となっております。特に 人生で初めての経験となったのが以下の3つとなっております。出現した順に、、、

・仕事のストレスで、うつ病一歩手前になるまで精神を病んでしまったこと。*1 

救急車に乗ったこと *2

胃カメラ検査を受けたこと。

ピロリ菌が見つかった

→26歳最後の1週間は 胃薬生活 (ピロリ菌の除菌治療) を送った

 

…っと (当時) 弱冠26歳にして、6月~10月は 大変ハードモードなプライベートを送っていました。病院代は ¥100,000 未満ですが、果たして 確定申告で医療費控除が適用されるのか否か…大変悩ましいところです。

転職して1年経った現在の心境を書こうと思ったら、ただの不健康自慢と化してしまいました (笑)。

いつぞやのブログで、来年の仕事運のことを投稿した時にも書いた、占い師さんから言われた「今の仕事は長く続かない」というアドバイスは、なんだかんだで腑に落ちています。実は 私は今の職場に転職した1日目から、第一印象は「ココは学校より学校すぎて、生きづらい!」と思っているのですが、その思いは今も変わっていません。

 

↓その時のブログはこちら。

www.kamex0710.xyz

故に 私は実際に民間企業に勤めてみて、その柵 (しがらみ) の多さから、会社組織で働くことがいかに向いていないか、実体験から感じ取ることが出来ました。その代償として得られたのが「適応障害」なので、来年以降 仕事のストレスで病んでいった経緯もブログのネタとして昇華できればと企み中です (笑)。原動力がネガティブですが、そのおかげで「夏のボーナスで米国株デビュー!…からの、配当金生活でアーリーリタイア!!」という 壮大かつ庶民でも希望が持てそうな目標を持つことが出来ました。その目標が いつか現実となるよう、あと10年くらいは、独り身で細々と暮らしていけたらと思います。

結婚? 何それ?? 美味しいの???

*1:適応障害」と診断された。今も良くなったり悪くなったりを繰り返しているが、薬を飲まずに過ごせているのが唯一の救い。

*2:主訴は感冒様症状 (いわゆる風邪) だったが、しんどすぎて眠れず。ER (救急外来) を受診して、点滴を打ってもらった。